授業参観でママ友がいない!失敗しない付き合い方や作り方は!?

初めての授業参観

わが子が学校でうまくやっているかドキドキ!

どんな先生が担任なのかドキドキ!

でも一番ドキドキなのは知り合いのママ友が一人もいないこと!(涙)

もちろん授業参観はお友達作りの場でも
おしゃべりするところでもないわけですが・・

友達とつるみに来たわけでもないんですが・・

子供の様子をしっかり見られればそれでいいんですが・・・

やっぱり誰とも話さずに学校から帰ってくるのはさみしい。

それに、子供の友人関係や学校の様子、
PTAの裏話まで聞けるものならば誰かに聞きたいです。

小学校は幼稚園や保育園と違って
先生との交流があまりありません。

学校の様子をもっと知りたいならば
ママ友を増やして情報を取ってくる必要があるんです。





                 

スポンサーリンク

               




ママ友がいないリスク

気の合わない人と無理やり一緒にいるよりは、
一人でいるほうが気が楽なのは確かです。

ママ友がいなくて死ぬほど困るかといわれると、
そうでもないです。

でも、ちょこちょこ話す人がいれば
回避できるリスクがあることも確かです。

例えば、絵の具セットやお習字セットなど、
ほかの人はどんなものを買ってくるのか。

水着はどんなのが多いのか。

忘れ物をしたときは職員室に持っていくのか
事務室なのか教室なのか。

クラスにトラブルメーカーがいるのか、
それは自分の子なのか。

など、先生に聞くほどでもないけれど
知っておきたい情報はいろいろとあります。

お兄ちゃんお姉ちゃんがもう学校に通っている
お母さんはこういった情報をたくさん持っています。

また、情報通のお母さんは本当に
いろんなことを知っています。

ぜひ知り合っていろいろ
教えていただきたいところです。

うちは子供が特定の子の悪口をずっと
言っていた時期があり、
子供に「悪口いっちゃダメ!!」
ときつく叱っていたのですが、

ママ友からの情報で、その特定の子は
誰にでもいじわるを仕掛ける難しい
時期の子供だということがわかり、
あらためて事情を聞いたことがあります。

いるに越したことはないというのがママ友です。





                 

スポンサーリンク

               




失敗しない付き合い方や作り方

ママ友がすぐ作れるのはPTAでしょうか。

一緒に何かの作業をしていると仲良くなれます。

何度も学校に行くのでお話する機会も多くなります。

同じように友達を作りたくてPTAに入る人も多いので、
高確率でママ友ができます。

情報通のママも多いので学校の情報を
いろいろと聞くことができます。

ちょっとそれは・・という方は

学校で募集しているボランティアに登録したり、
サッカーや野球などのスポーツ少年団に
子供を入れてみてはどうでしょうか。

子供もママも知り合いが増えます。

サッカーや野球だとパパも知り合いが増えて、
家族の共通の話題ができるようです。

それもちょっと・・という方は
話しかけやすそうな人に話しかけてみましょう!

「運動会のお弁当って何が多いんですか?」

などちょっとした質問を投げかけてみましょう。

親切な人ならしっかり答えてくれますし、
そうでない人だったら次の人に話しかければよいのです。

近所で見かけたことがある人がいたら、
「お見かけしたことがあるんですけど、
もしかしてうちの近所にお住まいですか?」と聞いてみましょう。

ご近所に住む同級生の親はお互いに
頼りになりますから仲良くなれる確率が高いです。

円滑なお付き合いのコツは、
悪口や愚痴を言わないことと、
あまり相手に立ち入らないことです。

あくまで情報交換のつながりと割り切って、
いろいろと無理をしないことがトラブルを
回避することにつながります。

働いている人や体調を崩してる人、
小さい子を抱えている人、
介護している人まで小学校はお母さんの種類が増えます。

経済状況も価値観もかなり幅広くなりますので、
幼稚園や保育園よりどうしても母同士の関係は薄くなります。

6年間の付き合いになるのですから、
焦らず時間をかけて仲良くなれるといいですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!