服に白カビが発生!原因とキレイに落とす方法は?【賢い家事】

しまい込んであった礼服や学生服に白いカビが!

もう捨てるしかないのでしょうか。

大丈夫です。
黒や青のカビじゃなくてよかったですね。

白いカビであれば比較的簡単に落とすことができます。

白カビが生える原因

カビは生き物なので、成長と繁殖には

適度な温度と栄養、水分が必要です。

カビの栄養となるのは汗やホコリ皮脂などの汚れです。

汗を吸ったりして、汚れた衣類をそのまま
長期間保管したりホコリがついたままにして
おくとカビがつきやすくなります。

人間にとって快適な温度はカビにも快適なうえ
カビの生育可能な温度は0~40度となっているので
夏場だけでなく一年を通じてカビ対策が大事になります。

                 

スポンサーリンク

               

一般的にカビの増えやすい温度は
20~30℃といわれていますが
もっと低い温度でも湿気さえあれば
ゆっくりと成長するのです。

このようにカビの成長に欠かせないのは
水分で湿度0パーセントではカビは繁殖できません。

冬場の北側の部屋は室温は低くても
結露などで湿気が多くなることが
あるので要注意です。

また、ぎゅうぎゅう詰めのクローゼットは
換気が悪くて湿気がこもりやすくなります。

日本に住む以上、湿気を断って保管することは
難しいのですが、せめて晴れの日には換気を
して湿気を追い出しましょう。

春と秋の虫干しも有効です。

そして、長期保管の際にはクリーニングに
出したり洗濯したりして、栄養となる汗や皮脂
ホコリなどをきちんと落とし、
長くしまってあった服を着る場合は
1~2週間前には一回出してみて、
カビがついていないかどうか確認しましょう。

                 

スポンサーリンク

               

キレイに落とす方法

1.天日干しして全体を乾燥させる。

カビの生えた服は外でしっかり乾燥させましょう。
室内でやると胞子をまき散らすことになります。

2.ブラシなどでカビを払い落とす。

カビの生えた部分を歯ブラシなどで払い落とします。
この作業も外でおねがいします。

3.エタノールを含ませた布でこする。

色落ちやしみにならないか、
一度目立たない部分で試してから
除菌のためにエタノールで拭きます。

これで大体落ちますが洗濯が可能な
服ならば一度洗濯して完全に乾かしましょう。

服にカビが生えたということは服の入っていた
場所にもカビがついているかもしれません。

一緒に入っていた他の服、そしてしまってあった
クローゼットや引き出しなどもこの際天日干しして
よく拭いておきましょう。

そしてしまう際にはいらない服を整理して
風通しを良くしカラっと晴れた日にしまいましょうね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!