証明写真がブスになるのはなぜ?原因と対策をいますぐチェック!

履歴書、免許証、パスポート、受験票…
さまざまな場所で使われるのが…そう。
証明写真です!(›´Δ`‹ )

証明写真わたし好き!(‘0’)/
めっちゃ盛れるよねー!
っていう人…何人居るでしょうか…

かくゆう私も先日履歴書用に証明写真を撮り
愕然としました。私はこんなにブスだったのかと。

親に見せて…感想を聞きました。

(・Д・`)「自分こんな顔だっけ?」

J( ‘―`)し「そやで?」

(・Д・`)「………そか。」

人から見ると自分はこんな顔なのか…。
衝撃を受け凹みました。
鏡に映りこんだ自分はどこに行ったのかと。

………いや居る。鏡に映った私は居る!

私は鏡の私を探すため、そして鏡の私を写真に収めるため
探す旅に出ました!(ただのネットサーフィンやでー( ゚д゚ ))

そこで見つけた情報をまとめてみたので
良かったら参考程度に見てください!



                 

スポンサーリンク

               

① ブスに写ってしまう原因

キーワードは

・左右反転
・キメ顔( -`д-´)キリッ

この2つです。

私たちが普段見ている鏡の世界。

実は左右反転して写ってるんです!!

…え?知ってたって?

そーですよね。知ってる人も多いと思います。
でもその当たり前が鍵だったのです!

[単純接触効果]という言葉を聞いたことあるでしょうか?

1968年に心理学者のロバートさんの論文により知られた法則です。

簡単に言うと

人は見る回数が多いものほど好きになる

という法則なのです!

つまり…私たちが普段見ている鏡に映る反転世界の自分

その自分に私たちは自然に好意を寄せているのです!

その効果で男性はイケメンに女性はカワイく見えるのです!

さらに私たちは自然に、無意識に、
鏡を見る時にキメ顔をしているのです。

自分が好意を寄せてる人にキメ顔されたら…
やっぱり好きになりますね。

そして写真に写っている私たちは
普段見慣れてない別に好きでもなんでもない人なんです。
そりゃカッコよくも、カワイくも見えないんです。

つまり普段見ている自分よりもブスに見えるのです!

でも。それが実は人から見る自分なのです。(´;ω;`)

現実を見つめる力も必要なのかも知れませんね…。

                 

スポンサーリンク

               

② キレイに写る対策

キーワードは3つ

1.シンデレラ角度
2.「うぃ」
3.白い紙

です!

1つずつ説明しますね(-ロдロ-)ゞ

1. シンデレラ角度

証明写真撮影時
「アゴを引いて口角を上げてください」
って言われますよね?

でもイマイチってかんじませんか?

アゴを引きすぎると二重アゴになり
さらに悲惨になることも…

そこでポイント!

[おでこを前に出す]事です!

カメラに額を突き出すようにし、アゴを下げます。

カメラに対して角度を付けることより
小顔に見せる効果があります!( ̄▽ ̄)
これを[シンデレラ角度]と言います!

2. 「うぃ」

「うぃ」と発音しそっと口を閉じることで
口角が上がり自然な笑顔を作ることが出来ます!

口を閉じたまま口角を上げると
不自然な笑顔になりやすいので注意が必要です(´×ω×`)

3. 白い紙

[白い紙をカメラに写らないように胸くらいの位置で持つ]
これだけです!

これでラフ板のような役割を果たし光が顔に反射し
明るくキレイに写すことが出来ます!

まとめ

写真に写された自分はホントの自分。

それが真実の姿なのです。(´;ω;`)

でもしかーし!

今の姿をポイントを押さえることでよく写すことは可能なのです!

少しでも良い姿で自信をもって色々なところに持っていきましょー(^ω^)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!