壁に画鋲(がびょう)が刺さらない!対策法やお役立ちグッズを伝授します

引っ越しをして新居の壁に
時計や絵画を飾ろうと思ったら
壁に画鋲がささらない!
ってなったことありませんか?

分譲物件を購入されているのであれば、
ねじで穴をあけても自己責任ですが、
賃貸であれば退去する際に修繕費を
とられてしまう可能性があります。

できれば大きな穴をあける
ことなく過ごしたいですよね。

今回はそんな時に役立つグッズや
対処法についてまとめてみましたので
お困りの方は参考にしてみてくださいね。




                 

スポンサーリンク

               



なんで刺さらないの?

刺さらない理由として
たいていの場合は壁が
コンクリートでできているからです。

コンクリートの上に緩衝剤や
木材などを貼り付けていれば
画鋲を刺すことができます。

ですが、コンクリートに直接壁紙が
貼るられていると画鋲を刺そうと
思っても画鋲の方が強度が弱いので
刺すことができません。

コンクリートに直接壁紙を
貼られている場所としては、
隣に住んでいる方と隣接している壁が多いようです。

どうしても飾りたいものがある場合はどうしたらいい?

●軽いものであれば両面テープを使いましょう。

ポスター、チラシ、イラスト、
写真など軽いものであれば
両面テープがおススメです。

穴をあけることなく飾ることができます。

はがした時に壁紙に粘着面が
残ってしまうのが嫌だという方には、
貼ってはがせるタイプの両面テープが
購入できますのでそちらを使用して
いただくといいかもしれません。




                 

スポンサーリンク

               



●マスキングテープを貼った上にフックをつける。

穴をあけないもう一つの方法として、
フックを張り付ける方法です。

そのままフックを貼ろうとしても
壁紙に凹凸があると粘着率が
低くくなってしまいます。

マスキングテープを貼り、
その上からフックを張り付けると、
粘着面が増え耐久性が高くなります。

対処法グッズ

最近はコンクリートの壁が
増えてきていますので、
対策グッズが増えてきています。

・コンクリートの壁でも打てる細い釘がついているフック

・壁と壁紙の間に差し込むタイプのフック

が主なタイプになります
フックのデザインが様々で
種類がたくさんあります。

ホームセンターで購入することも
できますし通販でも購入すること
ができますので気になった方は
是非チェックしてみてくださいね。

最後に

いくつか対処法とグッズを
紹介させていただきました。

コレはいいなと思ったら、
ぜひ活用してみて下さい。

せっかく買った時計やお子様の
絵を貼りたい時があった際には
ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!