長期不在で排水口から悪臭が!原因と対策・防虫方法を今すぐチェック!

急な海外出張やゴールデンウィーク
などの長期休暇で家をあけることが
あるかと思います。

家を出るときには何の臭いも
しなかったのに玄関の扉を
開けた瞬間に変な臭いがする。

臭いの元をたどってみると、
お風呂やキッチンなどの
排水口から悪臭が漂っている
経験はありませんか?

①排水口の汚れが原因

考えやすい原因としては排水口の汚れです。

ごみ受けや排水口にゴミが
付着したまま家を不在にしてしまうと、
汚れが腐敗して悪臭を放ってしまいます。

対策としては、排水口奥に汚れが
溜まっている可能性もありますので、
不在にする前に強力なパイプ洗浄剤を
使用して汚れを落としておきましょう。

特にキッチンの排水口は
生ゴミ・洗剤のカスが
流れますので掃除しておきましょう。




                 

スポンサーリンク

               



②排水トラップの不具合が原因

次に考えられる原因としては、
排水口についているトラップの不具です。

・椀トラップが正しく取り付けられているか。

・封水に水が適量溜まっているか。

・排水トラップが汚れていないか。

上記ができていなければ悪臭の
原因になりますので、

不在にする前にチェックしておきましょう。

対策としては

・椀トラップを正しく取り付ける。

破損している場合は交換をおススメします。

・封水を溜めておく。

水が溜まっていない場合は、
水を注いでおくだけでOKです。

・排水トラップを掃除する。

トラップは取り外し可能なので
できる限り掃除しておきましょう。




                 

スポンサーリンク

               



掃除した後はしっかり封をしておくことで防虫効果が!

排水口の汚れをしっかり
落としただけで悪臭を抑制することが出来ました。

ただ、もう一つしていただきたいことがあります。

それは排水口に蓋をしてしまうことです。

そうすることによって排水口より
虫が立ち上ってくることを防ぐことができます。

やり方は簡単で、排水口の大きさに
あった食器や器をかぶせてテープ
などで固定しておくだけでOKです。

器がない場合は、ラップを何枚か
重ねて封をし、端をテープで留めて
おくだけでも効果がありますよ。




                 

スポンサーリンク

               



まとめ

・排水口を掃除する。

・家を出る前に封をしておく。

上記をしっかりしていれば、
家に帰っても悪臭がしなくなる可能性があります。

対処したのに帰ってきて臭いが
する場合はクリーニング業者に
依頼してお掃除してもらうのも
いいかもしれませんね。

長期不在の予定がある方は、
この記事を参考にしていただいて、
事前に対処してみてくださいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!