カビ臭い部屋は赤ちゃんの健康に害?今すぐやるべき対策は?

梅雨の時期には湿気がすごく、
外出して帰宅した際に部屋がかび臭い…
なんていう経験はありませんか?

大人だけなら最悪「まぁ、いっか」で
済ませてしまうもののお子様が産まれた
ご家庭は気になってしまいますよね。

かび臭いのは赤ちゃんに良くないのではないか。

赤ちゃんが体調不良になってしまうのではないのか。

そんな風に思ってしまいますよね。

カビ臭い部屋の原因と健康被害

かび臭い部屋の原因、においの原因は
様々ですが大体は湿度が高い状態を
長時間続けているとかび臭いにおいの原因になります。

例えば

・洗濯物の部屋干し

・窓を閉めっぱなし

など生活の中で湿度を上げてしまっていることがあります。

お家の中で湿度が高い場所は

・浴室

・洗面所

この二つが挙げられます。

水を使うところなので必然的に湿度が上がってしまいますよね。

                 

スポンサーリンク

               

健康被害

原因はわかったとしてかび臭い状態を続けると
体にどんな影響が出るのか心配ですよね。

カビは、アレルギーを引き起こす可能性があります。

大人でもその状態を続けると体によくありません。

赤ちゃんは喘息・アトピー・風邪を引き
やすくなったり呼吸器の疾患が出たりする可能性があります!

そうなると赤ちゃんがいるご家庭は早めに対処したいですよね。

今すぐやるべき対策

では、次はカビから赤ちゃんをどうやって守るのか。

まずはカビが発生しにくい環境を作り、
カビを抑制して死滅させ招集するようにしましょう。

カビのにおいをとる方法

・換気する

換気をすることによって外の新鮮な乾いた
空気が入ってきますのでかびのにおいを出すことができます。

*換気をするときのポイントは空気の通り道を
作るために一か所だけではなくできるだけ反対方向の窓も開けましょう。

・重曹水での拭き掃除

重曹水はにおいを吸収してくれカビを抑制してくれます。

                 

スポンサーリンク

               

カビを発生させにくくする方法

・こまめに掃除をする

ほこりがたまっているのを放置すると
カビが増えやすい環境を作ってしまいます。

今はハンディタイプのモップが販売されて
いますのでテレビの周りやほこりのたまり
やすいところは使用してほこり溜めない環境を作りましょう。

ほこりがたまらない環境は赤ちゃんにとってもいい事です。

・除湿機を使用する

雨の日が続いたりした場合は窓を開けることができません。

そんなときは除湿機に頼りましょう。

部屋干しをするご家庭は洗濯物が乾くまでは
湿度が高くなりますので除湿機の使用をおススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

かび臭いにおいがしなくても換気は心がけましょう。

換気することによって新鮮な空気が部屋に
入ってくるのでカビ抑制にも赤ちゃんにもいい環境になってくれますよ。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!