喪中にうっかり年賀状を出してしまった!今すぐ取るべき対策は!?

毎年年末ごろにしなければいけない
作業の一つに年賀状作成がある方も
多くいらっしゃるかと思います。

100枚以上作成される方も少なくないかもしれません。

やっと完成して投函した後に喪中の方へも
送ってしまった!という場合の対処法を見ていきましょう。

喪中の人に年賀状を送ることはいけないのか

喪中の方より
「年賀状をいただく分には問題ありません」
と言っていただいてる分には年賀状を出す
ことはいけないことではありません。

ですが悲しみに暮れているときに
「おめでとう」や新年のあいさつと合わせて
幸せそうな家族の写真が貼られているのをみて
心苦しく感じる方もいらっしゃいますので、
送るのはなるべく避けておきたいですよね。

                 

スポンサーリンク

               

送ってしまった時の対処

対処としてはいくつかあります。

・取り戻し請求をする

この対処は相手宅へ配達される前であれば可能です。

お近くの郵便局に行き取り戻し請求を
したい旨を説明してみてください。

ただ、年末は大変混雑している時期なので
確実にできるかどうかはわかりませんので
気づいたらすぐに窓口で相談してみてくださいね。

・電話でお詫びを伝える

すでに相手宅へ配達されている場合は
取り戻し請求は利用できませんので、
直接相手様へお詫びをお伝えしましょう。

喪中を知らなかった場合はそのことを
説明すると相手様にも十分伝わるかと思います。

・寒中見舞いで伝える

電話と同様にすでに届いてしまっている場合で
なおかつ微妙なタイミングの時は寒中見舞いを
出す際に間違って送ってしまった旨も合わせて
伝えてみるのもいいかと思います。

                 

スポンサーリンク

               

・初出勤の際に伝える

同じ会社で働いていてあまり付き合いのない
人の場合は電話しずらいケースもあるかと思います。

その時には出勤時に丁重にお詫びをすることで
誤解を生むことなく相手にも伝わりますよね。

まとめ

喪中の知らせを受けていないままで
年賀状を送ってしまうケースも多々あるかと思います。

送ってしまったからといってそのまま
放置するのではなくお詫びをしましょう。

喪中はがきを受け取られた場合は、
大切に保管して年賀状作成の際に
十分注意して作成しましょう。

年が明けることはおめでたいことですが
非礼があった際には相手側は受けとった時の
感情は深く刻みこまれることもありますので
お詫びを申し上げましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!