今田東野のカリギュラ2|東野、カラスを食う視聴した感想とレビュー

アマゾンプライムビデオで視聴できる
今田X東野のカリギュラシーズン2。

地上波では放送不可能と判断された
ボツ企画をネット配信の自由度を
活かして制作された番組です。

※タイトルのカリギュラとは?

カリギュラ効果=禁止されるほどやってみたくなる心理現象のこと。

今回、私が視聴したのは「東野、カラスを食う」の回です。

以前から、狩猟に興味があった東野幸治さんが
害獣として忌み嫌われるカラスをターゲットにします。

番組の工程は、仕留め、裁き、調理し、食べる。

他の生命を奪って自分の中に取り込む行為の
全貌が収録されています。

食品として加工された肉のかたまりではなく
なかなか視界に入ることのない裁く工程を
確かめることができたのは貴重な体験でした。

BBCなど海外の優良なドキュメンタリーに
近い仕上がりの作品だと思います。

ちなみに、私はアマゾンプライムビデオの
30日間お試し無料期間を利用して視聴しました。

→→アマゾンプライムビデオお試し視聴

アマゾン利用者であれば5秒ぐらいで
利用登録完了して視聴できるところが
便利ですね。

カラスを仕留める女性ハンター

カラスを仕留める方法は散弾銃で撃ち落とします。

散弾銃とは、銃弾の中に小さい玉がたくさん入った
弾丸を利用する銃のことです。

それを、日本でも数少ない女性ハンターである
清水潤子さんに狩ってもらうことに。

清水さんは、女性ハンターであり
ジビエ料理のお店も営んています。

お店の中に入ると小さな鹿の剥製が。

この剥製、仕留めたお母さん鹿の
お腹の中にいた赤ちゃんを剥製にしたものとのこと。

また、お母さんイノシシを仕留めたときに
お腹から出てきた赤ちゃんが皿にのって
出てきました。

すでに息はしていませんが生のウリ坊です。

このウリ坊もウリゲタンという煮込み料理
にして、カラスとともに食べることに。




                 

スポンサーリンク

               



人間並みの頭脳を持つカラス

「カラスはみつけたら3秒で撃つ必要がある」

そう清水さんは説明されます。

カラスの警戒心はとても高く頭脳も人間並みとのこと。

撮影中に、車の中からカラスの様子を伺っていた
スタッフが指を差しただけで逃げてしまいました。

それも、数十メートルも離れているのにです。

まあ、エンタメ作品のために苦労話で盛り上げる
ための演出もあったのでしょうが
朝からでかけて仕留めたのは夕方でした。

やっとカラスを撃ち落として清水さんは思わず涙をみせていました。

カラスの調理

カラスの羽をむしり、皮膚をナイフで裂いて
内蔵を取り出し、産毛処理のためにバーナーで表皮を焼く。

一見すれば、気持ち悪く残酷なように
映る状況ですがまったく気持ち悪いと
思いませんでした。

気持ち悪く感じるかどうかは
作り手の姿勢次第なんだと感じました。

私が一番印象的だったのは砂肝に
ナイフを入れて中身を見たときです。

まだ、消化しきれていない虫の残骸が出てきたのです。

命を食らうものの連鎖がそこにはありました。

下処理を終えて最後は部位ごとに分けていきます。

手羽先、胸肉、もも、ハツ、レバーなどなど。

これらを網焼きにして実食することに。




                 

スポンサーリンク

               



カラスの実食

炭火の網焼きで火を通していきます。

これがまあ、素直においしそうでした。

以下は東野さんの感想

・ハツ=コリコリというよりレバーのような柔らかさ

・砂肝=焼き鳥屋の砂肝が固く感じるほど柔らかい

・レバー=レバーの中のレバーのような濃厚な味わい

・胸肉のアヒージョ=肉汁がジュワ~っと口の中に広がっていく

アヒージョは清水さんが調理してくれたもの。

さまざまな調理法を試してきたが
アヒージョが一番高評価だったそうです。

・手羽先=ただただうまい

・モモ=アッサリとした味わい

おいしい、おいしいと食べる東野さんが
カラスを食べる唯一の難点は
一羽からとれる肉の量が少ないので
お腹いっぱいにならないことだそうです。

「将来はカラスをふつうに食べる日がくるかも」と
口にする東野さん。

フレンチではカラスのポワレが8000円以上するとか。

そして、ここでウリ坊のウリゲタンが登場します。

圧力鍋で黒米と一緒に煮込んだ料理。

実食したところ、とても優しい味わいだそうです。

ジビエとは、命の優しさを感じる距離にあるものなのかもしれません。

最後に

シーズン1から狩猟に取り組んできた東野さん。

次なる目標には「クマ」をあげており
スタッフも必ず実現すると公言しています。

クマの手は中華料理の高級食材として
知られています。

配信される日を楽しみにしたいと思います。

プライムビデオの無料視聴は下記からどうぞ↓

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!