着ぐるみで 蹴られるのが怖い! 原因と対策を徹底解説

子供達にとってヒーローや
夢をくれるアニメのキャラクター。

そんなキャラクターの着ぐるみは
子供は大好きです。

しかし、中にはやんちゃな子供たちや
学生などに着ぐるみが叩かれ、蹴られる
ときもあります。

子供は親が止めますが、
若い学生たちを止める人は
なかなかいないですよね。

昔、ある中学でテーマパークの
キャラクターにいたずらをして
しばらく出入り禁止になったことが
あると聞いたことあります。

ではなぜそのようなことに
なってしまうのでしょうか。

蹴られる原因

着ぐるみを蹴ったりする
人は二種類に分かれます。

既に例で挙げていますが、

子供が蹴る

もしくは

人がいるからこそ蹴る学生または大人

子どもが蹴る理由は
以下が考えられます。

・興味本位で
・キャラクターが悪者役
・機嫌が悪い
・怖いから来ないでと反抗

などです。

どれも子どもらしいですね!
あまりやり過ぎるといけないですが、
可愛いですよね。

それに比べて
学生、大人が蹴る場合です。

こちらは可愛いでは済みません。

蹴ったり叩いたり何をしても
着ぐるみが向かって来ないからこそ
やります。

人がやっていいことでは
ないです。

着ぐるみの人を手助けする
スタッフさんがいる場合は
止めに入りますが、
いない場合は
自分でなんとか
しないとダメです。




                 

スポンサーリンク

               



対策と身を護る方法

対策法として考えられるのは

1. 泣いたふりをしてやめてもらう

2.少し子どもを脅かす(キャラクター設定が悪役の場合)

3.逃げる

この三点があります。

子どもの場合は1.2.3の
どれも使えるかと思います。

1の場合ですと、
子どもは着ぐるみ側が泣いたり
するとやめてくれる時があります。

友人の子はすぐ人形を
投げてしまいます!
その時に「お人形さんが
かわいそうだよ。泣いているよ」と
言うとすぐやめて抱っこをしています!

単純すぎてとても可愛いです!




                 

スポンサーリンク

               



2の場合、これはキャラクター設定に
よります。
悪役なら怖がらせるのも
良いですが、悪役でないと
設定を壊してしまうので注意が
必要ですね。

3.の場合、大人へも使えます。
流石に逃げれば追ってまでは
来ないかと思います。

だだし、夢中になって逃げるのも
危険ですから気をつけてください。

周りでは小さいお子様も
います。
あからさまに急ぐのも
周りからみて変ですね。

そのためあくまでも
着ぐるみを着ている
意識を持ってください。
その上で走ってください。

さいごに

着ぐるみはとても大変です。
色々な方に
蹴られることがあります。

原因は3つ大きく分けてあります。
子供と大人で変わってきて
また対処もそれぞれに合った
方法があります。

しかし、やはり
子どもを喜ばせられるように
蹴られても初めはその場での対処を
します。

それでもダメなら逃げて
くださいね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!