飛行機で授乳を通路側でするには? ベストな対策法を伝授

飛行機に乗って楽しく旅行!
とてもワクワクします。
しかし、狭い空間であるが故に
大変な部分もあります。

特に小さいお子様連れの時。
まだミルクを飲む子ですと
狭い飛行機は本当に大変。

今回は飛行機の中での
授乳のやり方を紹介していきます。

通路側で授乳はそもそもOK?

席には2列の場合
通路側、窓際

3列の場合
通路側、真ん中、通路側

と、なりますね。

子供連れの場合、
どの席がいいと思いますか?

ぐっすりと寝ているだけなら
どの席でも良いですが、
長時間の旅の場合、なかなか
ずっと寝ていることはありません。

眠くなると泣く、お腹空くと泣く、
おむつを替えてほしいと泣く

など、赤ちゃんは泣くことが
仕事なのでたくさん泣きます。




                 

スポンサーリンク

               



私の友人の子はランチ中などに
子供が泣いたらすぐに
立ち上がり、一度店内や外を
お散歩して戻ってきます。

ご機嫌斜めで泣いているときは
少し歩くとすぐ直ります。

「歩いて落ち着く」

このようなお子様の場合、通路側の
方がすぐに歩けて便利です。

しかし、それを優先してしまうと
通路側で授乳になります。

「人が通る中で大丈夫?」と
思われるかもしれません。

基本的に通路側だからと言って
授乳をしてはいけないわけでは
ありません。

しかし、やはり隣の方や
周りの方を気にする必要が
あります。

そのため出来るだけ
周りの方に不快感を与えない
方法を紹介致します。




                 

スポンサーリンク

               



ベストな授乳法

搭乗前にやること

・チェックインカウンターで伝える

航空券発券の際に
授乳を伝えましょう。

そのときの混雑によって
変わってきますが、隣の方を
女性にしてくれたり、または
隣に人が来ないようにしてくれる
場合も中にはあります。

また、授乳とは関係ありませんが
トイレ近くの席の場合便利ではありますが
人通りが多いのが気になる人もいるでしょう。

そんなときは、希望すればトイレから
遠い席にしてくれる事もあります。




                 

スポンサーリンク

               



必要なもの

・授乳ケープもしくはスカーフ

人が行き交う飛行機です。
そのまま何もなしに授乳は
やはり適していません。

そのために出来れば
授乳ケープを持って行ってください。

ただでさえ荷物が多いので
増やしたくないときは
スカーフなどでも良いです。

もちろんこれを持参出来れば
良いですが、万が一
忘れてしまった場合には
ブランケットを借りましょう。

しかし、格安航空機などですと
無料ブランケットが無い
航空会社もあります。

わざわざお金を払うくらいなら
持っていくことをオススメします!

そしてこれらを使用の上、
出来る限りで良いので
目立たずに行って
くださいね。

さいごに

飛行機で授乳は周りの目があるため
大変です。

通路に出やすいため
通路に近い席を選ぶのも
良いです。

しかしながら授乳を考えて
授乳ケープなど隠す
ものを必ず持っていくように
してください。

そして出来れば搭乗前に
チェックインカウンターで
伝えて、お母さん、お子様、
そして周りの方に良い旅になる
ようにしてください!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!