須磨離宮公園の紅葉や噴水のライトアップは子連れでも楽しめます^^

最近ようやく暑さが落ち着いてきましたね~。

乳幼児が居るご家庭では夏は熱中症が
心配で外出を控えていた方々もいるかもしれませんね!

涼しく過ごしやすい気候になってきたので、
いろんな所にお出かけしたくなりますよね!

前回は自然体験ができるおでかけスポットを紹介しました!

今回は「自然体験+お花」のスポットを紹介して行きたいと思います。

神戸では子連れお出かけでけっこう人気のスポットですよ~。

どんな場所なのか楽しみですね!

                 

スポンサーリンク

               

須磨離宮公園とは?

では、さっそく須磨離宮公園について
紹介していきたいと思います。

須磨離宮公園では、平安時代の史跡や
六甲山系から連なる緑豊かな広大な敷地や、
丘陵からは眼前に広がる大阪湾の青い海、
そして四季を通じていろいろな花々を家族で
楽しめる公園になっています。

この公園は、昭和33年4月に今上天皇
(当時、皇太子殿下)のご成婚記念事業
として整備が始まり昭和42年に自然と
調和した近代的欧風庭園として開発され、
その後に植物園やバラ園、こどもの森などを
増設していきました。

噴水広場でお散歩しよう!

次に園内の施設について紹介していきたいと思います。

園内は『本園』と『植物園』に分かれています。

まずは『本園』についてです。

このエリアにはメイン施設の「噴水広場」があります。

レストハウスから湧き出た水が滝となって
芝生広場に向かい、瀑布となって段々滝を下り、
水路ではリズミカルな小噴水となります。

そして最後には天高くふきあがり、
ダイナミックな大噴水となります。

海へ注ぎ込むような水の流れは
離宮公園のテーマの中心にもなっています。

                 

スポンサーリンク

               

そして噴水広場は鮮やかな緑の芝生や
「王侯貴族のバラ園」、「つばき園」、
「花しょうぶ園」など、四季折々の花々を
楽しむことができるとても美しい欧風噴水庭園になっています。

夜間開園時には、幻想的なライトアップで
噴水が彩られるイベントもあります。

昼と夜でまったく違う噴水を楽しめるのも魅力的ですね!

私たち家族は息子が歩き始めた頃に、
景色がきれいな場所をお散歩させてあげたいな~。

噴水とお花を見ながらお散歩してみるのも
いいかもしれない!と思い、
須磨離宮公園に行くことに決めました。

ちょうどゴールデンウイーク中に
行きましたが、その日はイベントが
開催されていなかったみたいで、
混雑もしていなくて息子をゆっくり
お散歩させてあげることができてよかったですよ!

レストハウスから大噴水まで、
きれいなお花がたくさん咲いていたり、
蝶が飛んでいたり景色がとてもきれいで、
大きな噴水に大興奮したり…。

息子はとても嬉しそうでしたよ!

子連れおでかけの場所の候補の
1つとしてお勧めな場所だと思うので、
興味のある方はみんなで楽しみに
お出かけしてみてもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!