リモコンにカビが!原因と防止は?上手に除去するならこの方法

家にいると毎日使うものってありますよね。

今回はその中でもリモコンについてお話します。

テレビを見ている時間はリモコンを頻繁に触りますよね

音量・チャンネルを変えたり、録画しているものを見ていれば早送りや巻き戻ししたり。

ご家族で暮らされている方はお子様がお菓子を食べた手でそのまま触ってたり、ジュースをこぼしてしまってリモコンがベタベタに…

そのままにしておいたらいつの間にかカビが生えている!!

そういう方にカビが生える原因と除去方法をお教えします!



                 

スポンサーリンク

               


カビが生える原因と防止法

カビが生える主な原因は、前文で書いたように

・飲み物をこぼしてしまった。

・汚れた手で触った後に拭かなかった。

・ほこりがついている等々

いろんな汚れがありますよね。

実はそれらの汚れを放置してしまっていることが原因なんです!

防止法は簡単です!

汚れを放置しないこと。

これに限ると思います。

上手に除去する方法

汚れを放置してしまった場合の汚れを取る方法をいくつかご紹介しますので参考になればと思います。



                 

スポンサーリンク

               


・綿棒

綿棒に水を湿らせて汚れを落とします。

油汚れがひどい場合はキッチン用の洗剤を水に少し混ぜて綿棒を湿らせるといいかと思います。

その際は必ずもう一度水のみを湿らせた綿棒でこすってくださいね。

※水等は含ませすぎないように注意しましょう!

含ませすぎるとボタンの隙間から基盤に染み込み動作不良を起こす可能性があります

・爪楊枝

綿棒では落とせなかった本体とボタンの隙間の汚れは爪楊枝で落としましょう。

ボタンの周りの溝に爪楊枝を軽く差し込んで掻き出していきます。

全部のボタンをやるわけですから少し根気のいる作業かもしれません。

でも、これを放置してしまうとカビが生えてしまうので頑張ってみてくださいね。

・木工用ボンド

地道な作業が苦手!という方にお勧めなのが木工用ボンドです。

リモコンの表面にボンドを塗って乾燥させてはがす簡単な作業になります。

ただし!この方法にはデメリットがあります。

それは乾燥するまで時間がかかってしまうのと、作業が終わるまでの間はリモコンが使えないということです。

なのでこの作業をしようと思う方はリモコンが乾くまでの期間はテレビ本体でチャンネル・音量調節等をしないといけませんので注意してくださいね!

ボンドを使用した際は最後に綿棒・爪楊枝で軽く擦ることをおススメします。



                 

スポンサーリンク

               


汚れを付かないようにするには?

掃除が終わってきれいになったリモコン。

また毎日触ることになるので汚れる度にお掃除するのは面倒ですよね。

せっかくお掃除したのでこのままの状態をキープしたいですよね。

キープするには主に二つの方法があります。

① リモコンカバーを使用する。

カバーをすれば簡単に汚れを防ぐことができますよね。

専用のカバーなので見た目もきれいに使えます。

最近は100均でも購入できるみたいですよ。

② ラップを巻く

わざわざリモコンにお金をかけたくない、見た目を気にしない方はキッチンにあるラップを巻いてみてはいかがでしょうか。

必ずキッチンにあるものなので汚れたら気軽に変えることができるので見た目を気にしない方にオススメですよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

毎日触るのものはついついお掃除を怠ってしまいがちですが、放置しすぎると汚れに付着した菌が増えてしまって不衛生です。

それを毎日触ると考えると少し嫌ですよね。

一度面倒くさがらず、お掃除してみましょう。

掃除を終えてみると見た目もきれいになるのでキープしておきたいものです。

リモコンカバーを検討された方は掃除後に買うまでの間はラップを巻いてキープしてくださいね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!