喧嘩稼業93話上杉対芝原「煉獄破り」最新ネタバレ・あらすじ・感想・94話予想

2018年7月30日最新35号掲載
喧嘩稼業第93話
について書いています。

ネタバレが含まれていますので
読み進める際はご注意下さい。

前回までのあらすじ

試合を圧倒的有利にすすめてきた
芝原の前に劣勢に立たされた上杉。

しかし、絶対勝利を手にするために
人前で完全なる煉獄を発動し大逆転
に成功する。

                 

スポンサーリンク

               

最新話のあらすじ

上杉の煉獄の前になす術のない
芝原のように思えたが歴戦の経験からか
意識は到って冷静だった。

ダメージを計算し、まずは
ディフェンスに徹することにする。

芝原は自身の病身の状況も加味しながら
煉獄の威力を計算していた。

煉獄のそれぞれの攻撃には
一撃必殺の威力はない。

つまり、スピードとコンビネーション
によって反撃させない技であると
見抜いたのだ。

さらに芝原は考える。

試合前に接触してきた里見は
煉獄が鉤突きからだけの技では
ないことを知っていた。

それを、鉤突きから始まるものと
自分に思い込ませ煉獄破りを
盗み見るためにだましたのだ。

                 

スポンサーリンク

               

自分をだました里見のやり口を
評価しながらも里見においしい
思いをさせる気はない。

そこで、芝原は一度だけ有効な
煉獄破りを使うことにした。

上杉が左膝蹴りを放とうとした瞬間
芝原は右足を上杉の左足に引っ掛けた。

反撃しようとすればさらにダメージを
受けるのが煉獄。

芝原は鼻骨を打たれ鼻血を流す。

だが、煉獄破りは発動する。

膝蹴りを打てず連撃がとぎれた
上杉の左アバラへ芝原の鉤突きが
炸裂する。

そしてー

>>>続きへ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!