義両親に子供を預けたくない!うまい断り方や言い訳はコレ!

教育方針の違いやアレルギーなどへの対応、
いろいろ考えてやっぱり義理の親には預けられない!
ってことありますよね。

別に預けたくないのは悪いことではありません。

大切な子供の預け先は、
やっぱり親が安心できるところがいいんです。

◇上手な断り方や言い訳◇

・下の子の出産などで義理の両親から
「あずかろうか」と言われた場合

「心配していただいてありがとうございます。
いろいろ預け先は考えているのですが、
どうしてもだめな時は電話します!」

と元気よく言っておきましょう

そして、「どうしてもダメ」にならないように、
実家、友人、一時保育、などありとあらゆる
手を使って早めに預け先を素早く確実に確保します。

                 

スポンサーリンク

               

・家族でお邪魔した時に「預かってあげるから夫婦で出かけておいで」と言われたら

「気を使っていただいてありがとうございます。
私が心配症で、子供を預けて出かけたくないんです。」
とはっきり言いましょう。

なんだかんだと言われても。

「心配性ですみません」で押し通しましょう。

「過保護で」と言っちゃってもいいかもしれません。

あの嫁はおかしいといわれても、
預けられないもんは預けられないんです。

子供の環境を守ることを最優先に考えて、
自分の評判が少々落ちるぐらいは我慢しましょう。

・断る時のポイント!

義両親の「預かろうか」という申し出は
親切心から出てる(はずな)ので、
きちんと「ありがとうございます」を言いましょう。

軽い気持ちで適当に預かると言っていたとしても、
ちゃんと感謝しましょう。

そのうえで、自分の気持ちをはっきりと伝えましょう。

                 

スポンサーリンク

               

・不潔すぎてムリなとき・危なすぎてムリなとき

→「心配性なので子供が小さいうちは一緒にいたいんです。」

これで押し通しましょう。

何を言われても、「実家には預けてるのに」
と言われても、これだけを呪文のように
10年も繰り返せば大丈夫です。

・ダメ出しされるからイヤなとき・なんか子供を取られそうでイヤな時

→「私よりお義母さまのほうがずっと上手に
お世話をしてくれそうで・・。
私が帰ってきたとき嫌がらないか心配なんです。」

はっきりと子供に危険が及ぶ場合は
絶対に預けちゃいけませんが、
ママのプライドの問題だったら一
度預けてみてもいいかもしれませんよ。

子供はいつも世話をしてくれる人が大好きです。

義両親が1日2日面倒みたところで、
普段から世話をしているパパママにはかないません。

預けた後はきっと、「ママ~」と駆け寄ってきてくれますよ。

                 

スポンサーリンク

               

◇関係が悪化しそうになった場合◇

とはいっても預ける預けないでもめるのはよくあること。

関係が悪くなりそうだったら、
ちょっと考えないといけません。

義両親は孫が大好きだから、
「預かりたい」なんて言い出すんです。

あなたの子供がそりゃあもう
とんでもなく可愛いから仕方ないんです。

可愛く産んじゃってごめんなさいね、
そりゃあ理性もぶっ飛ぶよねってかんじです。

だから、関係が悪くなりそうになったら
孫と遊ぶ機会を増やしてあげましょう。

「預けるのは心配性だからできないけど、
一緒に遊ぶのは大丈夫です!」
といって安全な公園や施設で遊ぶようにしましょう。

なるべくなら、写真も撮って後でいつでも
見返せるようにプリントして送っておきましょう。

そして、義両親にあったらいつも感謝の言葉を伝えましょう!

「いつも気にしてくださってありがとうございます」

「子供をかわいがってくださってありがとうございます」

一時的に関係が悪くなったとしても、
訪ねて行ったり、母の日なども贈り物をしたり、
関係を完全に切らないようにしましょう。

10年もすれば向こうも年を取って
「預かる」なんて言い出さなくなります。

義理の両親との関係は難しいですが、
長い期間をかけて少しずつ分かり合っていくものです。

あなたが夫や子供を大事にしていることは
きっといつか伝わります。

自信をもって、預ける預けないの方針を決めてくださいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!