クラリネット壊しちゃった「オパキャマラド」という歌詞の意味は?

「クラリネットこわしちゃった」という童謡は有名ですよね。

私も子供のころ、
何度も聞いたり歌ったりした覚えがあります。

メロディーも、明るくキャッチ―で
耳に残りやすいですよね。

そのクラリネットこわしちゃった、
という歌の歌詞の中に、
何度も「オパキャマラド パオパオ」
というフレーズが出てきますよね。

この「オパキャマラド」って何?

子どもながらにどういう意味なんだろう、
と気になっていた人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「オパキャマラド」という
歌詞の意味を解説していきます。





                 

スポンサーリンク

               




「オパキャマラド」という歌詞の意味は?

まず、「オパキャマラド」は
日本語ではないことが分かりますよね。

これはフランス語で、

「一歩一歩だ、友よ」

という意味なんだそうです。

「一歩一歩だ」

という言葉から、
とてもポジティブなメッセージだということが分かります。

なぜ

「一歩一歩だ、友よ」

というフレーズが
この歌詞の中で使われたのか、
解説していきましょう。

まず、「クラリネットこわしちゃった」

という歌の歌詞を紹介していきます。

ぼくのだいすきな クラリネット
パパからもらった クラリネット
とってもだいじに してたのに
こわれてでない おとがある
どうしよう どうしよう
オパキャマラド オパキャマラド パオパオ
パンパンパン
オパキャマラド パキャマラド パオパオパ
ドとレとミのおとが でない
ドとレとミのおとが でない
とってもだいじに してたのに
こわれてでない おとがある
どうしよう どうしよう
オパキャマラド オパキャマラド パオパオ
パンパンパン
オパキャマラド パキャマラド パオパオパ

歌詞の途中まで紹介しましたが、
なんとなく分かるでしょうか。




                 

スポンサーリンク

               





詳しい意味を確認しよう

クラリネットをこわして、
音が出なくなってしまった子どもに対して、
父親が「オパキャマラド」と言っています。

つまり、クラリネットをこわして、
落ち込んでいる子供に対して、
父親が「大丈夫、一歩一歩進んでいこう」という
励ましの言葉をかけているわけですね。

ただし、この曲の原曲はフランス民謡で、
とても古い曲なので正しい説かどうかは分かりません。

でも、子どもながらにクラリネットを
こわしてしまったというだけの歌詞だと
思ってたので父親の励ましの言葉がある
ポジティブな意味も込められた歌だと
分かったので良かったです!

「クラリネットこわしちゃった」以外にも、
童謡には調べてみたら意外にもこんな意味があったんだ
という歌がありそうなので興味がある人はいろんな歌を調べてみて下さいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!