赤ちゃんの鼻毛はいつから生える?我が子は早い?遅い?問題になる?

生まれたての赤ちゃんの鼻を
よく見てみると鼻毛がありません。

そこまで気にすることなく
数か月過ごしているとわが子にも鼻毛が!

成長してるって証だけど早すぎないかな?

大人には鼻毛があるけど、
赤ちゃんの時期に鼻毛が生えて大丈夫なの?

鼻毛が生えてくるタイミング

鼻毛が生えてくる時期は十人十色だそうです。

一か月ぐらいから生えてくる子もいれば
一歳を過ぎても生えてきていない子もいるそうです。

平均は赤ちゃんから乳児の時代に
鼻毛が生えてくるようです。

赤ちゃんの鼻毛は大人と違って
黒く太いものではなく、
産毛のようなかわいらしい毛が生えてくるみたいです。










                 

スポンサーリンク

               









早い遅いで生じる問題

鼻毛は、とっても重要な役割をしています!

鼻から侵入してきたホコリや雑菌、
ウイルスが体内に入らないようにしてくれるのです。

鼻毛がないときには直接粘膜を刺激されている状態になるので、
ちょっとしたことでくしゃみを出します。

鼻毛が生えてきたら成長している証だなと
思うぐらいで心配になる必要性はありません。

ただ、鼻毛がほこりなどをキャッチしてくれる
からといって鼻の掃除をしなくても大丈夫ということはありません。

赤ちゃんの呼吸方法は主に鼻呼吸になります。

鼻毛が生えてくると粘膜が直接刺激されないので
鼻水の分泌量が少し減る可能性があります。

詰まってしまうと息苦しくてミルクをうまく
飲んでくれなくなる可能性がありますので
今まで通りこまめにチェックして詰まっていたら
お掃除してあげてください。

前置きが長くなりましたが生えてくる時期が
早いか遅いかで生じる問題はないようです。

ただ、出産時にお母さんからもらった免疫力が
生後六か月ごろから低下していきますので
鼻毛が生えていないお子様は生えている
お子様より風邪をひきやすくなるかもしれません。

ですが、生えていても免疫力の低下によって
風邪をひきやすいのでそこまで心配する必要はありませんよ。









                 

スポンサーリンク

               









最後に

生えていても生えていなくても
鼻づまりを起こす可能性は大いにあります。

鼻づまりしていると赤ちゃんが息苦しくて
泣いてしまったりするので可哀そうですよね。

鼻づまりを軽減させるには原因
となるものから赤ちゃんを遠ざける必要があります。

ウイルスに関しては外出すると
必ず吸い込んでしまいますので
予防策は少ないでしょう。

ですが、ほこりに関してはこまめに
お掃除することによって吸い込むことを
軽減することができます。

家中のほこりをとることは大変だと
思いますので、まずは赤ちゃんが
行動する範囲にある目につくほこりや、
ゴミをお掃除してあげましょうね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!