夫婦喧嘩で家出した夫はどこに行くの?仲直りの方法やタイミングはこれ!

夫婦喧嘩をしていたら突然夫が家を出て行った!

あるいは

喧嘩の翌日夫が会社から帰ってこなかった!

クローゼットから着替えがなくなっている!

など家出の状況は様々ですが、
これは一大事です。

家を出てってくれてほっとした、
という人はいいのですが、
戻ってきてほしい方は、
少し頭を冷やしてみる必要がありそうです。

最近、家の中で夫の笑顔をみましたか?

ゆったりとくつろいでいる姿を見ましたか?

家出をした、ということは

「家では安心できない。居場所がない」

というメッセージです。

放浪癖があって、どうしても一か所に
いつかない人も世の中にはいます。

でも、そうではない人が家出したならば、
夫婦の気持ちと生活がすれ違ってきて
いるのかもしれませんよ。










                 

スポンサーリンク

               









◇家出した夫が行きそうな場所5選◇

1.車

車はお金もかからず近くにあるということで、
車の中で過ごしたりドライブに行ったりする人もいます。

頭に血が上っているときの運転は乱暴になりがちです。
事故が心配ですよね。

2.漫画喫茶、カプセルホテル

これらの施設になじみがある人は
ここで一晩過ごしたりします。

所持金にもよりますが、
数時間~数日の家出になりそうです。

家よりも漫画喫茶のほうが居心地がいいなんて
しゃくに障りますが、夫にとってはそうなのでしょう。

3.浮気相手のところ

喧嘩の原因が浮気の場合、
この可能性は非常に高いです。

あまり追いつめると、
帰ってこなくなります。

帰ってきてほしいのか、別れるつもりなのか、
自分の中で結論をもって行動しましょう。

4.ファミリーレストラン・飲食店

こちらは数時間過ごして、
頭をひやしてから家に帰るつもりがあるのでしょう。

一人きりになれる場所ではないので、
深刻度は低そうです。










                 

スポンサーリンク

               








5.友人の家

仲のいい友人がいればそこに行くのかもしれません。

友人がうまくとりなしてくれればいいのですが、
期待はしないほうがいいでしょう。

◇仲直りの方法とベストタイミング◇

家出した夫は戻ってくるのを待つしかありません。

そして、戻ってきたら居場所を作ってあげましょう。

家出先を探して見つけ出し、
家に引きずってでも連れてくるのはやめましょう。

家に居場所がないから出て行ったのに、
無理やり連れ戻されてもまた出て行ってしまいます。

少なくとも1週間程度は

戻ってくるのをおとなしく待ちましょう。

シャツにアイロンをかけ、部屋を掃除し、
子供に夫の悪口を言わないようにしましょう。

そして、どうやったらうまくやっていけるか考えましょう。

「夫がこうなってくれたらうまくいく」

「夫がアレをやめてくれたら私は許せる」

こういう考えは捨てましょう。

夫は変わりません。

いい大人であれば性格が変わることはもうないです。











                 

スポンサーリンク

               








変わらない夫とどうやったら
うまくやっていけるのかを考えましょう。

世の中には、

・妻の話を聞いてくれて、

・育児や家事を手伝ってくれ、

・プレゼントを欠かさない夫が

たくさんいるような気がしますが、

こんなのは

・いつも笑顔で出迎えてくれて

・給料への愚痴を一切こぼさず

・好物をよく作ってくれる嫁

と同じようにめったにいない生物です。

ヨソの夫はよく見えますが、
人妻がなんだかよく見えるのと一緒です。

夫のいいところを思い出し、
いいところだけを見るようにして、
帰ってきた夫を迎え入れましょう。

あまり責めてはいけません。

よく考えてみれば、全くの他人なのに
給料を渡して自分と子供を食わせてくれたり、
一緒に暮らして生活を支えあったりしているのです。

ただの他人よりずっと貴重でいい人じゃないですか!

他人なのに、いろいろやってくれる人として、
思いやりをもって接しましょうね。

ただ、浮気相手のところに行った場合は
ちょっと複雑です。

自分がどうしたいかをまずじっくり
考えてから行動したほうがいいです。

浮気相手と天秤にかけられているのは
事実なのですから焦る気持ちはわかりますが、
今さら点数稼いでも仕方ありません。

戻ってきてほしいなら浮気を許す。
許せないなら別れる。

自分の気持ちにしっかり向き合って、
本当はどうしたいのかを考えましょう。

家出されたらツライですが、
向こうも家出するほどツライ状況があったのです。

お互い様なのでちゃんと謝りましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!