コミケ夏遠征記!初心者必見の物販・装備・服装・生の感想を伝授!

今回は、夏コミケに女性一人で参戦した方の体験談です。

物販列での勝ち抜き方など戦略と戦術が問われる戦いに
たった一人で挑み戦利品を入手するにはどうすればいいのか?

実際の体験から学びあなたの糧として下さい。

1. 参加したお目当て

あめがすき(斎藤敦史)さんのイラスト本

2. 参加年
2015年

3. 性別

4.年代
5. 50代

5. 参加人数
1人

6. 参加費の捻出方法
会社の給料

7. 地元の都道府県名
石川県

8. 行きの移動手段と費用
JR。トクトクきっぷで往復22,320円だったので片道では11,160円。

9. 帰りの移動手段と費用
JR。トクトクきっぷで往復22,320円だったので片道では11,160円。

                 

スポンサーリンク

               

10. 宿泊先と費用

ビジネスホテル
5,500円

11. 当日の天気
快晴で暑かった

12. お目当てのブース、作品、、コスプレ、人物
アニメーターさんの壁サークルで、
当時好きだったアニメのイラスト本を出されました。

売り子はご本人ひとりだったかな?

コスプレなし、普通の男性です。

13. 食事

ひとり参加だったので目当ての本のほか
何冊か購入後はお昼過ぎに会場を出て、
地元にはないお店で普通に昼食をとりました。

そんなに頻繁に上京できないので、
地元にないものを食べるようにしてます。

特に豪遊はしませんが、節約もしませんね。

友だちとオフ会ができるようならTPOに合わせます。

サークル参加ならコンビニなどで買ったものを持ち込むことが多いです。

14. オススメの服装と理由

出来るだけ動きやすい服装で、夏コミの場合は、
コットン素材のTシャツやシャツなどすっきりして
汗を吸収・乾燥するものがいいと思います。

とくに靴はかかとが低く履き慣れたものをおすすめします。

会場内はとにかく移動するので。

                 

スポンサーリンク

               

15. オススメできない服装と理由

コスプレはともかく、過度に華美な服装は、
人混みで引っかかったり外れて落としたりするので、
夏コミには向かないと思います。

あと、ヒールのあるサンダルは歩きにくいうえに
人の足を踏んだら凶器になるのでやめてほしいです。

おろしたての履物も靴擦れする可能性大なのでお勧めしません。

16. 必需品と理由

荷造り1回分のガムテープを巻いたものは、
サークルへの差し入れにしても意外と喜ばれますし、
たくさん買った本を自宅に送るために会場内の
宅配ブースを利用するときに自前のガムテがあれば
さっさと荷造りを済ませることができます。

荷造りブースでガムテを確保するのは意外と大変なので。

17. なくて困ったもの

荷物を乗せて運ぶための台車。

何人か友だちがいれば、撤収時に荷物を見る係、
荷物を運ぶ係と分担できますが、
ひとり参加だと全部自分でやらなきゃならないので、
重いダン箱をひとりで運ぶことになった時は、
ミニ台車を持ってくるか、もしくはダン箱搬入
じゃなくキャリーバッグ搬入にすればよかったとほんとに後悔しました。

18. 工夫したこと

あらかじめ欲しいサークルはしっかりチェックして、
効率的に買い物できるよう、動線を考えました。

買った本をちゃんと運べるような
しっかりしたバッグを持ち込み、
本を自宅発送するときはまだ宅配ブースが
空いている早いうちに行けるよう時間配分を考えておきます。

19. 成果物の扱い

予想外の量の本を買ってしまった時、
本を入れる袋の持ち合わせがなく、
紙袋に入れていたら重すぎて破れてしまって
本当に困ったことがありました。

宅配を使うときは受付を早く済ませるため、
着払いを選ぶ方法もあります。

会場の宅配ブースの混雑が嫌なら、
いったんホテルに持って帰って、
ホテルから自宅に送るという方法もあります。

20. 参加しての満足度

80点

                 

スポンサーリンク

               

21. 当日の会場の様子

人気のあるアニメ作品本が出るということで、
開場前からたくさんの人が集まっていましたが、
本来はダメなので集まるごとにスタッフが散らしていました。

外周壁なら外に待機列ができるんですが、
内周だったのでそれもできず。

わたしもなんとなく近寄ったり離れたりしていたんですが、
開場5分前くらいにいきなりスタッフが待機列を作りだし、
タイミングのいいことにちょうどその時スタッフの
近くにいた私はかなりいい順番に並ぶことができました。

壁サークルに開場前に待機するという
経験がほとんどなかったので

おっかなびっくりでしたがとってもラッキーでした。

スタッフの対応はさすがコミケという感じで
きびきびしてました。










                 

スポンサーリンク

               








一般参加の人と特にもめることもなく、
サークルの列さばきも普通にサクサクしてました。

22. 嬉しかったこと、不快に感じたこと

やはりほしかった本が買えたのは一番うれしかったです。

あと、好きなアニメの人気アニメーターさんと
実際に会えたのも(と言っても顔を見ただけで
特に話をしたわけでもないですが)貴重な経験でした。

同人誌即売会は普段なら会えないようなプロの作家さんや
有名な同人作家さんとも会えるのがいいですよね。

不快に感じたことは人が多くて移動するのに
時間がかかること、待機列が長くて人気サークルの
本をいっぱい欲しい時は暑いなか外周に並ぶのが
大変なこと、せっかく長時間並んでいたのに目前で
「完売しました」と案内があるとガッカリを通り越して

腹が立ってきます。

聞くと、最初は2限にしていたのが途中から
1限に変更したとのことで、そのサークルは
毎回そういうことをやっているのに学習しないなあと思ってしまいました。

23. 今後の参戦予定

今のところ特に同人誌が欲しいと思う
ジャンルにハマってないのと、
欲しい本は通販で買った方が楽だと
思うようになってきたので、
どうしてもコミケに行かねばと思わなくなってきました。

地方だと交通費が一番のネックで、
ぶっちゃけ通販にかかる送料や手数料より
交通費の方が高いのです…。

関東住みなら気軽に行っていると思います。

通販していないサークルの本が
どうしても欲しくなるか自分が
サークル参加したくなれば、
参加すると思います。

いまでは同人誌ショップで通販されない本は
ほとんどないような気もしますが、
コピー本やペーパー、ノベルティなどは
直接イベントに参加しないと手に入りませんしね。

それと、コミケ会場やコミケ後のオフ会で、
同じ作品が好きな人同士会って盛り上がれるのも
直接参加の楽しみ方の一つだと思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!