ガイアの夜明け「新食材で起死回生(ライスジュレ・ヤンマー)」ネタバレ見逃し感想まとめ

テーマ 「新食材で起死回生」

日本社会の変化とともに食生活も
大きな変貌を遂げました。

特に、私たちの命の源である
「食」の変化を見逃すことは出来ません。

そして、その変化とは生命の根幹を
揺るがしかねないレベルです。

今回は、「ライスジュレ」と「ベジート」
という商品を中心に日本食の復活に奔走する
企業人の姿を学ぶことが出来ました。

・問題

・商品の特徴

・キーパーソン

・挑戦課題

多忙な人でもサクッと確認できるように

内容をまとめましたのでご覧ください。

※個人の視聴感想なのでデータの詳細などに誤りが含まれている場合があります。

2018年6月19日放送のキーワード

・ライスジュレ(ヤンマー)

・ベジート(野菜のシート・アイル)

・モッタイナイ










                 

スポンサーリンク

               








■ヤンマー「お米のジュレ」

問題:日本人の米消費量が激減

年間一人あたりの消費量比較

・1962年度118kg

・2016年度54kg

これに伴い米農家も490万戸から90万戸に減少してしまいました。

米農家が減少すればトラクターなどの農機具も
売れなくなります。

そこで、ヤンマーが米農家救出に動き出しました。

※ヤンマーは国内シェア2位の農業機械メーカー

ちなみに1位は株式会社クボタです。

起死回生策として開発したのがライスジュレです。


※ジュレとはフランス語。
「ゼリー状の料理やデザート」のことです。

ライスジュレは米粉ではなく液体です。

見た目はトロトロの白い液体で小麦粉を溶いた
お好み焼きの元のようなイメージ。

実開発を行ったのは茨城県河内町(かわちまち)
にあるライステクノロジーかわち(株)です。

ライステクノロジーかわちはヤンマーの子会社で
ライスジュレを年間100万トン生産しています。










                 

スポンサーリンク

               








●ライスジュレの特徴

ライスジュレは高アミロース米というお米
から出来ておりデンプンがコシヒカリの
1.5倍も含まれています。

アミロースが多いと粘り気の多いジュレになり
水分量を調整すると柔らかさが自由になる
特性を持っています。

番組内で再現されていましたが
ゴムボールのように跳ねる弾力を持つ硬さにもなれば
ドロドロの柔らかさにもなる自在ぶり。

その自在ぶりこそがライスジュレの真骨頂です。

ホワイトシチューに加えればトロミが抜群に高まり
シュークリームの生地に加えればフワフワに
ハンバーグのつなぎに活用すればフカフカの
仕上がりを実現します。

ここまで観ているだけでライスジュレが
広まらないわけないだろ!
という気になってしまいました。

そして、なによりも「グルテンフリー」という
健康トレンドに乗っかることができることが
大きいです。

グルテンとは小麦たんぱくのことです。

人によっては小麦タンパクアレルギー体質
のために小麦タンパクを摂取することで
体調不良になってしまうことがあります。

そのため、グルテンを含まない食事
=グルテンフリーが推奨されるように
なりました。

注意点として、グルテンアレルギーではない人が
グルテンフリーを実践しても特別健康によいこと
が起きるわけではないとのこと。

意味もわからず流行キーワードに乗るのは
どうかと個人的には疑問です。

キャッチーではありますが。。。

ともかく、繰り返しになりますが
ライスジュレを食材として利用することで
食品がおいしくなることこそが重要です。

なんせ、トロトロでフワフワでフカフカなんです。

そして、元はお米だから健康被害の心配がありません。

お好み焼きチェーン店の千房でもライスジュレが
利用されておりフカフカの焼き上がりで
大満足の様子でした。










                 

スポンサーリンク

               








■キーパーソン

開発の中心を担っているのが橋本康治さん(52)。

橋本さんはヤンマーの社内ベンチャーである
ヤンマーアグリイノベーションの社長です。

橋本さんが食品開発に挑む理由は
新しい農業に挑戦すること。

前述の日本人の米消費量の激減による
米農家の減少、そして、農機具の売上の停滞。

これらを一気に解決するために
ライスジュレは起死回生の突破口なのです。

「コメを加工して付加価値をつけることが農家のためになる」

その信念のもと橋本さんは挑戦を続けています。

課題:ライスジュレの認知スピード

ライスジュレの認知スピードが遅いことに
橋本さんは苦慮されていました。

要は、なかなか売りあげが伸びないのです。

「おいしくてヘルシーな食材としてアピールしたい!」

と意気込む橋本さん。

ライスジュレをつかった商品が知れ渡るには
どうすればいいのか?

有名メーカーとのコラボレーションが必要です。

番組内では白い恋人で有名な石屋製菓が
ライスジュレに目をつけていました。

銀座店の目玉商品開発のために
ライスジュレに着目します。

フィナンシェという焼き菓子にライスジュレを
利用したことで今までにないしっとりフカフカ
の仕上がりを実現。

さらに、生地の持ち味を引き立たせるために
ヘーゼルナッツをコーディングすることで
カリカリ感としっとり感が相乗効果を生むこと
に成功しました。

まだまだ、橋本さんの挑戦は続きますが

「数年後に当たり前の食材になっていればいい」

という言葉が印象的でした。

いやあ、100%普及しているでしょうね。

私は確信を抱かざるを得ませんでした。

海外市場にもドンドン拡大して欲しいものです。



>>ガイアの夜明け「新食材で起死回生(ベジート・アイル長崎)」あらすじネタバレ見逃し感想まとめ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!