強風でロングスカートが歩きにくい!おしゃれに対策する方法を伝授

風が強い!!!

温暖化のせいか最近風の強い日が
増えたような気がします。

風のせいで髪はぼさぼさ、
コンタクトはしょぼしょぼ、
つけまつげまで飛ばされそう!

おまけにとっても歩きにくい!!
スカートとがまとわりついてどうにもこうにも歩けません。

でもおしゃれがしたいんです!

はきたいときにスカートをはきたいんです!

今日は絶対ロングスカートなんです!

という方、何とかして出かけましょう!

あなたにもできる対策があります。










                 

スポンサーリンク

               








歩きにくくなる原因

風の中スカートで歩き回ると、
向かい風ではスカートが足にまとわりつき、

横風ではスカートごと足を取られそうになり、

追い風ではまくれ上がるスカートを抑えるのに必死に・・。

スカートはズボンに比べて風
を受ける面積が広く風の力をより
体に受けやすくなります。

ロングスカートともなれば、
帆船の帆のように風をはらんで、
風の吹く方向に体をもっていこうとします。

また、スカートの生地が足にまとわりつく
ことで足が動かしにくくなり、
体のバランスをうまく取れないことが多くなります。

それに加えて見えてはいけない部分を
隠す作業も入ってきますから、
風の日は歩く以外の作業も大忙しです。

ただでさえ歩きにくいのに、
歩行に集中できないんです。










                 

スポンサーリンク

               








こうすればロングスカートでも大丈夫

・長めのレインコートを着る。

雨の予報も出ているなら、
レインコートを着てしまいましょう。

スカートの広がりを少しでも抑えることができます。

「レインコート ダブル」で検索すると
素敵なレインコートがいろいろと出てきます。

花粉対策にもなりますしホコリ除けにもなります。

まくれ上がりも防げますよ。

・裏地つきのスカート、またはペチコートをはく

まとわりつきを防ぐため、
裏地付きのスカートを選びましょう。

裏地のないスカートならば、
ペチコートやペチパンツをはいて、
足さばきをよくしましょう。

・スカートにおもりを入れる

スカートの裾の裏側に5円玉を
縫い付けるか貼り付けておきましょう。

裾のまくれ上がりが防げます。

よろめきながらスカートを抑える、
あの忙しさがなくなりますよ。

カーテンの裾に入れるおもりを
仕込んでおいてもいいですね。

昔、ダイアナ妃もまくれ上がり防止のため
必ずスカートにおもりを入れていたとか。










                 

スポンサーリンク

               








・厚めの生地のスカートを選ぶ

軽いひらひらしたスカートは風に舞って
収拾がつかなくなります。

デニムなど厚い生地をえらべば
まとわりつきとひらつきを軽減できます。

・あまり広がらないスカート

タイトロングなど風を受ける面積が狭い
デザインを選んでみてはどうでしょうか。

ふわひらもいいのですが、
ここはあえて風の影響を最小限にするために、
タイトめなデザインを選んでみてください。

風の中ではサーキュラーや
フレアなんかよりずっと歩きやすいはずです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!