須磨海浜水族園に子どもとお出かけ!有料体験で動物と直接触れ合える!【体験談】

子供とお出かけどこに行こうかな?

と悩んだ時に思い浮かぶ場所の
一つに水族館がありますよね!

子供たちが行ってみたいと言っていた、
子供も大人も楽しめる『須磨海浜水族園』に行ってきました。

そう言えば、皆さんは「水族館と水族園についての違い」を知っていますか?

建物の中の水槽展示がメインだと水族館。

水槽展示の他にイルカなどの屋外展示
があると水族園と言う違いがあるんですよ。

そして須磨海浜水族園が水族園と表記している
理由のひとつに、好きな展示館を自由に出入りして
自然の中でお弁当を食べてくつろいだり、
公園のように楽しめるということがあります。

有料体験で動物と直接触れ合える

須磨海浜水族園アトラクションの1つに
有料体験があります。

子供との思い出づくりに家族で
有料体験をしてみることにしました。



                 

スポンサーリンク

               


どんな有料体験があるかと言うと、
下記の5つになります。

1.イルカにタッチ

2.アザラシにタッチ

3.ペンギンの餌やり

4.リクガメの餌やり

5.イルカの餌やり

有料体験に参加するためには参加券の
購入が必要ですが事前にホームページで
予約して購入する方法と
当日にインフォメーションにあるチケット
販売ブースでも先着順ですが購入可能です。

私たち家族は急に須磨海浜水族園に
行きたくなったので当日に参加券を
購入しましたが園内が結構空いていたので、
スムーズに購入することができました。

急に行きたくなったのには実は理由があったんです!

その日は3月で土曜日だったんですけど、
幼稚園や小学校がまだ春休みになっていなくて、
しかも、たまたま寒気がきていてくもりで寒い日でした。

結構寒くてダウンジャケットを着ている人たちがたくさんいました。

空いてる日にゆっくり楽しみたい!

と思うなら寒い日やくもりの日など、
天気が少し悪い日を選んで来園されると
いいかもしれませんよ。



                 

スポンサーリンク

               


有料体験の話に戻りますが、
全ての有料体験は1歳以上から有料で
未就学児は保護者同伴で体験可能です。

未就学児と一緒に体験するなら、
保護者の分の参加券も一緒に購入しないと
幼児だけで列に並んで、1人で体験する
ことになってしまいます。

とても危険ですし、心配ですよね。

私たちは未就学児がいるので、
1つの有料体験で保護者の分と合わせて
参加券を4枚購入しました。

上の子が下の子の面倒をしっかり見れたり、
親は体験しなくてもいいなら、
子供だけで参加しても大丈夫だと思いますよ。

親が体験しない場合は、少し離れた所で
子供が体験している姿を見守りながら、
写真を撮ることもできます。

私も子供たちが二人とも小学生になったら、
体験しているところを写真に撮って思い出に
残したいと思いました!

当日券だったので、すぐに参加できるのが
「アザラシタッチ」しかなかったので、
とりあえずアザラシタッチに参加することにしました。

屋外展示場のふれあいデッキでアザラシに
タッチをすることができました。



                 

スポンサーリンク

               


列に並んでいるときから、子供たちは
「アザラシさんかわいい~!」と目を
キラキラさせながら順番を待っていました。

そして順番がきました。

子供たちはドキドキしながら、
そっとアザラシの背中を触っていました。

怖かったのか、緊張していたのか、
なぜかずっと無言で触り続ける子供たち…。

体験場所には2匹のアザラシがいましたが、
終了直前に1匹が突然「グェー」と鳴きました!
子供たちは泣かなかったけどかなりビックリしていました。(笑)

子どもたちの感想

体験が終わり

「アザラシさんを触ってみて、どうだった?」

と聞くと子供たちは

「少し怖かったけど、可愛かった。今度はイルカさんも触ってみたい」

「アザラシさん可愛かった!」

と二人とも、とても喜んでくれてよかったです。

私は子供の頃に何回か須磨海浜水族園に
行ったことがありますが、
動物とふれあう体験をしたことがなかったので、
親になり子供たちと一緒に体験できて
良い思い出になりとても満足しました。

動物たちとふれあう体験は子供も大人も
一緒に楽しめるしいい思い出作りになりますよ!

動物たちとふれあう体験の種類は5つあるので、
私は何回か通って全部体験してみたいと思っています(笑)

皆さんもぜひ体験してみて下さい!
年齢問わずに楽しめるのでお勧めですよ!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!