日焼けした背中が痛い!正しいアフターケアで改善するノウハウはコレ

もうすぐ夏ですね。

夏といえば海水浴などで海に行く人が多いでしょう。

海に行ったときに、いつも悩まされるのが日焼けですね。

日焼けをして肌の色が赤くなるだけならまだしも、
日焼けをした部分がヒリヒリしてかなりの痛みがあります。

私も色白ですぐに焼けてしまうため、
海に行くときは日焼け止めクリームを必ず塗ります。

ただ、それでも長時間お日様の下にいると
日焼けをしてめちゃくちゃ痛い思いをしてしまいます。

そこで今回は、日焼けによる痛みを抑える
正しいアフターケアの方法を紹介していきます。








                 

スポンサーリンク

               






日焼けによる痛みってどうやったら抑えられるの?

日焼けを防ぐために、海に行く前に
日焼け止めをしっかり塗るという対策を
している人は多いのではないかと思います。

ただ、日焼けをしてしまった後に
正しいケアができている人は少ないのではないでしょうか。

そういった方のために日焼けのよる
痛みを抑えるための正しいアフターケアを
いくつか紹介していきます。

アフターケア その1.冷やす

日焼けをしてしまった場合に
まず第一にしなければならないことが冷やすことです。

日焼けをした部分に冷水をかけたり
ぬれタオルを当ててしっかり冷やしてあげましょう。

ただ、冷水はずっとかけ続けるわけにもいかないので、
ぬれタオルで冷やすことをおススメします。







                 

スポンサーリンク

               





アフターケア その2.水分を取る

日焼けをしてしまうということは、
日光にずっと当たってしまっている状態ですね。

日光にずっと当たっていると、
当然体の中の水分がどんどん
失われていって脱水になってしまいます。

水分を補給することは脱水を防ぐため以外にも、
体の中に水分を取り入れることによって、
肌を保湿する効果もあります。

>>飲む日焼け止めサプリで賢く防止するならコチラ

もちろん、お酒では尿としてほとんど
排出されてしまうので、水やポカリスウェット
などのスポーツドリンクをおススメします。

アフターケア その3.薬

日焼けした部分を冷やしても、
なかなか痛みが引かないという人もいるでしょう。

そういった方は、痛み止めの薬を
飲むという方法もあります。

おススメなのが、ロキソニンです。

ロキソニンなら市販薬として
ドラッグストアなどに売られています。

完全に痛みが抑えられるというわけではないですが、
飲むことによって少しは痛みが引くでしょう。

以上、3つのアフターケアを紹介していきました。

三つ目の薬の服用は、
どうしても痛みが引かない場合の最終手段です。

いきなり薬を飲むのではなく、
最初は日焼け部分を冷やすことと
水分補給をしっかりしてくださいね。

おわりに

今回は、日焼けによる痛みを抑えるための
アフターケアの方法を紹介していきました。

いつも日焼けをした後の痛みに
悩まされているという方は、
冷やすことと水分をしっかり取る
ということを意識してください。

それでも、痛みが引かないときは
ロキソニンなどの痛み止めの薬を
飲むことをおススメします。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!