うっかりミスが増え自己嫌悪!原因と対策はコレ!

仕事でのミスはみなさん何回していますか。
大きいこと、小さいこと色々なミスを起こしますよね。

私も新入社員のときに何回もして
自己嫌悪になっていた時もあります。

そのような時はどうすれば良いのでしょうか。

今回はその原因と対策をご紹介させていただきます。





                 

スポンサーリンク

               




うっかりミスが増える原因

ではなぜ人はミスをしてしまうのでしょうか。

原因を5つあげて紹介します。

1.基礎が分かっていない

2.メモを取らない

3.ミスをして対策を取らない

4.ミスをしても反省しない

5.段取りを取らず思いつきで行動する

他にもありますが、
ミスを起こす人は上記のどれかに
思い当たりはありませんか。

私は以前、営業の職についていました。
その際、お客様へのご自宅に
お伺いし、商品契約やご購入いただいたあと
会社へ戻り事務に提出するすると
記入漏れにより何度もお客様の家に戻っておりました。

その原因を考えて今分かることは
上記の1番3番を行っていなかったことです。

なぜそこに記入がいるのか、という事を分かっておらず、
学ばなかった事が原因です。

ミスが続いてそれをバネにやれる人は
素晴らしいです。

しかし中には上司、先輩に怒られ自己嫌悪に
陥ってしまう人もいますよね。

自己嫌悪になると、なかなか解決策が見つけられなく
余計に焦りミスを繰り返してしまうこともあります。

では、どのように解決すべきでしょうか。





                 

スポンサーリンク

               




現実的な対策

まずはミスをする仕事内容を把握しましょう。

ノートに書き出すことが大切です。
似たようなミスも含めて書いてみましょう。

そうすることで繰り返しミスをする
内容が明確にわかってきます。

そして分類していきます。

例えば接客業の方でしたら
お客様からの対応ミス、部内での書類のミス、
取引先とのミスなどがあります。

そして分類後にそれぞれ何が原因で
ミスをしてしまったのか書いてください。

考えるだけではなくて書き出します。

ミスは整理ができておらず起こるときもあります。
テーブルなどの整理ではなく、頭の中の整理です。

そして分類ごとに「あのときどうするべきだったか」を
考えて下さい。

例えばお客様の対応ミスであるなら

「本来適切な言い方は何であったのか」

と言うことです。

そして、出来ることなら上司先輩にノートを
見せてアドバイスをもらって下さい。

しかし、初めから上司、先輩に聞くのは絶対に身に
つきませんのでやめてくださいね。

自分で考えらてることに意味があり、自分の仕事が
成功する一歩になってきます。

最後に

人によっては即座に覚えてミスせず出来る人もいます。

その一方で多くの方がミスをして少しでも
悩むのではないでしょうか。

スピードが求められるかと思いますが、
その中でミスしないよう、立ち止まって考えて
仕事をすることも必要です。

頑張ってくださいね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!