カメムシが網戸に引っ付くのがイヤ!原因と対策はコレ【保存版】

毎年、気がつけば網戸に
へばりついてるカメムシ
嫌ですよね。。。。

網戸の内側にへばりついてる事も。

手で取るには気持ち悪いし、
かと言ってそのままにもして置けない。

そんな虫嫌いにお勧めするとっておきの方法を伝授します。

カメムシの発生時期は地域によって異なりますが、
春は5月か7月、冬は9月から11月が多いとされています。





                 

スポンサーリンク

               




網戸に引っ付く理由

1.カメムシは白い物がお好き

カメムシだけでなく虫は紫外線を
反射する白い物が好きです。

気づけば家やマンションに白壁が多い気がします。

白いTシャツなんかも夏になると
着られる方が多いですよね。

2.カメムシは洗濯物の匂いに惹きつけられる

私たち人間同様、カメムシも洗濯物の匂いが
大好きです。

外干しした洗濯物にカメムシが・・・
なんてことはありませんか?

3.カメムシは紫外線が大好き

夜の街灯に虫たちが寄っているのは
皆さんもよく目にしたことがあるでしょう。

これは、街灯の出す紫外線に反応しているのです。

夜には室内灯にも寄ってきます。

これも紫外線を出しますから。

それに釣られて網戸にペタァ…
なんてことも。





                 

スポンサーリンク

               




賢い対策法

1の対策法はTシャツなど白い物は
室内干しにすることをお勧めします。

黒い物や色物を前に干し、白い物、
柄物などは内側へという方法もあります。

2の対策法は、とにかく洗濯物を外に干さない!

雨なども気にせず干せますし
私は室内干ししているので、
虫といえばゴキブリ位しか見たことがありません。

室内に干す時は湿度管理もしっかり行いましょう。

カビの原因になりますからね。

3の対策法は、とにかく紫外線を外に漏らさない!

例えばUVカットスプレーやUVカットシートを
窓に貼り付けるのも有効かと思います。

UVカットカーテンもいいですね。

蛍光灯をLED電灯にするなど。

それから、カメムシはミントの香りが
嫌いです。

かといって、繁殖力旺盛なミントを
庭やプランターに植えるのは何とも…

そこで有効と思われるのがハッカ油。

ハッカ油を薄めて網戸に定期的に
吹き付けるのが効果的です。

ですが、ハッカ油スプレーだけでは
どうにも効果が弱いと思いますので、
3の方法も一緒に行うとより効果的です。





                 

スポンサーリンク

               




木酢液を薄めて使うといいという報告も!

主にお風呂で使う木酸液ですが、
カメムシにも有効です。

お風呂に使えてカメムシ対策にもなる!

一挙両得です。

ペットのいるご家庭ではハッカ油よりいいと思いますよ。

そのままでは臭いので薄めて使ってください。

まとめ

見るだけでも嫌なカメムシ対策はいかがだったでしょうか?

ペットや赤ちゃんのいるご家庭では、
ハッカ油は使えない方法でもあったりしますので、
木酢液はいいかも知れませんね。

ここに書いてある方法を早速試して、
さよならカメムシ!といきましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!